構造・特徴・捕集原理

近年各企業におかれましては環境改善に関し相当な努力を積み重ねておられますが、特に鍛造・プレス・焼入れ工場などでは、バグフィルタ方式ではろ材の目詰りや火災の発生など様々な問題をかかえられています。これらの問題を解決する各種のミストに対応する集塵装置として、多数実績があります。

SMT集塵装置の構造
SMTの特徴
捕集原理
■ミスト除去フロー図
①ルーバー型フィルター
②プレフィルター
③メインエレメント
(ハニカムエレメント)

■ハニカムエレメントの集じん原理
フィルタにより、気流の向きを変えることによって、ダストの慣性力を利用して集じんします。

構造・写真

各種のミストに対応するSMT型集塵装置の構造を写真でご紹介します。
お客様のニーズに合わせ、最適な仕様をご提案致します。

1内部構造:ハニカムエレメント
微細なミストを捕集します
2内部構造:ルーバー型フィルタ
粉塵を含むミストを捕集します
洗浄ノズルの設置も対応します(オプション)
3内部歩廊・プレフィルタ

設置例

SMT-250型集塵装置

ご相談・ご用命は

ご連絡先

日本スピンドル製造株式会社
環境事業部 サービス部
東日本グループ
TEL.03-5246-5621  FAX.03-5246-5601
西日本グループ
TEL.06-6499-3353  FAX.06-6499-7077
九州拠点
TEL.093-671-5280  FAX.093-671-5285
製品情報