次世代育成支援行動計画

計画期間

2017年4月1日 から 2020年3月31日(3年間)

目標と取組内容

目標 1. 仕事と育児の両立をし易い職場風土を醸成する

対策 1. 
会社の制度概要(育児休業・短時間勤務制度)を社内報で紹介し、利用促進に向けた周知を行う。
対策 2. 
各種手続きの際に、育児休業や短時間勤務の概要説明や出産休暇の取得フォローを行う。

目標 2. 育児休業の取得状況の向上。男性社員は計画期間内に1名以上、女性社員は75%以上の取得とする。

対策 1. 
産前産後休暇、育児休業期間中及びその前後に、必要に応じて当該社員及び部門の業務分担の見直し等を実施することで、職場復帰に際して当該社員がより勤務しやすい環境整備を行う。

目標 3. 慢性的な時間外労働の削減

対策 1. 
業務効率化を更に推進するとともに、必要により業務分担と人員配置の見直し等を行う。
対策 2. 
フレックスタイム制度、振替休日制度の利用促進を図る。
対策 3. 
現在、毎週水曜日を定時退社日と定め、原則その日は全従業員が定時で帰宅するよう促している。今後“定時退社”を完全に実現していくために全社への徹底を進めていく。

目標 4. 年次有給休暇の取得促進

対策 1. 
従業員の有休取得率を引き上げるため、全従業員が一斉に有休を取得する“全社一斉有給取得日”を年2日で定めている。
平成29年度以降の計画として更に有休取得を促進させるため、全従業員に年4日の有給取得を計画的に取得することを進めていく。