次世代育成支援行動計画

厚生労働省 兵庫労働局から「次世代育成支援対策推進法」に基づく「子育てサポート企業」として認定を受け、「くるみん」マークを取得しました。
今後も引き続き、仕事と子育てを両立できる環境づくりに取り組んで参ります。

公益財団法人 兵庫県勤労福祉協会 ひょうご仕事と生活センターからワーク・ライフ・バランスを実現する取り組みの成果が認められ、「ひょうご仕事と生活の調和推進企業」に認定されました。今後も引き続き、働きやすい組織風土の醸成に向けた取り組みをして参ります。

ひょうご仕事と生活センター ひょうご仕事と生活の調和推進企業 認定企業一覧
URL:https://www.hyogo-wlb.jp/promotion/certified-list

計画期間

令和2年4月1日から令和5年3月31日(3年間)

目標と取組内容

目標 1. 仕事と育児の両立をし易い職場風土を醸成する

対策 1. 
会社の制度概要(育児休業・短時間勤務制度)を社内報で紹介し、利用促進に向けた周知を行う。
目標 2.
育児休業の取得状況の向上。男性社員は計画期間内に1名以上、女性社員は75%以上の取得とする。
対策 1. 
産前産後休暇、育児休業期間中及びその前後に、必要に応じて当該社員及び部門の業務分担の見直し等を実施することで、職場復帰に際して当該社員がより勤務しやすい環境整備を行う。

目標 3. 慢性的な時間外労働の削減

対策 1. 
フレックスタイム制度、振替休日制度の利用促進を図る。
対策 2. 
現在、毎週水曜日を定時退社日と定め、原則その日は全従業員が定時で帰宅するよう促している。今後“定時退社”を完全に実現していくために全社への徹底を進めていく。

目標 4. 年次有給休暇の取得促進

対策 1. 
従業員の有休取得率を引き上げるため、全従業員が一斉に有休を取得する“全社一斉有給取得日”を年5日で定めている。
令和2年度以降、更に有休取得を促進させるため、計画有休とショートバケーションを全員が取得することを進めていく。

目標 5. 就業に関する知識および意識の醸成

対策 1. 
地域の若年者の工場見学受け入れを図るとともに、インターンシップ等の就業体験機会の提供を行う。