産機モリヤマ事業部
技術部 設計

山本 倖大

Kodai.Yamamoto
2016年入社
(理工学部 機械工学科)

機械はどんどん変化する。
現場へ足を運び学んでいます。

100年の技術とノウハウの積み重ねは、大きいと思った。

大学では機械工学科を専攻、機械関係の技術者になりたいと考えていました。日本スピンドルは、100年の歴史を持つ会社であることから興味を持ちました。理由の一つは、技術とノウハウの積み重ねがあると考えたからです。もう一つは国内外で100年の間に起こった様々な出来事を、乗り越えてきた会社だというところです。経営面でも安定しているのだと想像しました。私たちの年代は、大学に入る前にリーマンショックがあり、自然災害なども起こったので「安定」を目安の一つにする学生は多かったと思います。

「自分で作りあげたものなんだな」と現場で味わう達成感は、格別

今は、ニーダーというゴム練り等で使用するミキサーを設計しています。就職活動で工場見学をしたときには、とても大きな機械をオーダーメイドで作っていることに驚きました。入社して初めて設計した案件は、標準型のニーダーに比べ特殊な仕様で大変でした。ミスが起こってそれを乗り越えたこともあり、完成したときには、よくできたなぁと達成感がありました。先輩方にたくさん助けてもらいながらでしたが、自分で設計したものが実際に工場で動いていることに感動しました。工場の現場は、設計事務所からすぐ近くなので、組み立てで気になることがあればすぐに行けますし、急用がなくても頻繁に足を運んでいます。先輩の設計した機械や、どんな案件が進んでいるのかを見ることは勉強になるし、30年40年と経験を積んだ先輩方もそのようにしているようです。

学びの努力と体調の自己管理が大切

もし学生時代の自分に声をかけられるなら「楽な仕事はないよ」と言いたいですね。機械はどんどん変化しているので、学びの努力は必要だし、経験豊富な先輩も、今でも精力的に学んでいらっしゃいます。私の目標は、先輩方と同じぐらいの数の設計ができるようになることです。オーダーメイドの機械なので、幅広くいろいろな設計の経験を積み重ねることが必要です。そのためにも普段から、しっかり体調を整えることも心がけています。体調を崩して設計部門がストップすればお客さまにも迷惑がかかります。作業のスケジュールを自分でたて、残業も集中しないよう計画したり、帰る時刻を同じにするなど、自己管理をすることは社会人としても大切です。

産機モリヤマ事業部 技術部 設計

山本 倖大(Kodai.Yamamoto)

日本スピンドルには、自己研鑽・研究・学びを支援する風土があります。
社員のインタビューを通じて、私たちの社風に触れてください。

> インタビューを見る