産機モリヤマ事業部
技術部 制御設計

道行 信伍

Shingo.Michiyuki
2011年入社
(工学部 電子情報電気工学科卒)

大きな機械をどう動かすか。
実際の場所や失敗から得られる気付きが財産。

先輩・上司に相談しやすく、互いに助け合う雰囲気があります。

私は現在、産機モリヤマ事業部で電気設計をしています。大学は工学科で、電気・電子・情報の分野について学び、大きな機械を動かすことを仕事にしたいと考えていました。多くの機械メーカーがありますが、日本スピンドルはスピニングマシン、フローフォーミングマシン、集塵機、混練機、押出機など幅広く産業機械を取り扱っていたので、いろいろな機械の設計に携われそうだと感じて入社しました。
就職活動中で印象に残っているのが、会社のすぐ近くで起きたJR福知山線の脱線事故当時の話を聞いたことです。工場の操業を中断し、全社員が事故の救助活動にあたったという話を聞き、その人間性の素晴らしさに感銘を受けました。
互いに助け合うという社風は、日本スピンドルの特長だと思います。入社して最初の頃は、わからないことや失敗もありますが、上司や先輩が親身になって話を聞き、一緒に考えてくれました。働きやすい職場だと感じています。

失敗はある。そこから気付きを得られるのが、仕事の醍醐味。

電気設計の業務は、機械の制御盤を設計することがメイン。大きな機械をどう動かすのか考え、制御盤を作って配線していきます。熟考し、検査を重ねて出荷しても、うまく動かないトラブルも稀に起こります。私たちが作る機械は製造ライン関係の設備なので、据え付けてみないと検査段階ではわからないことも多いのです。そこが難しいところですが、実際の現場へ行くと「自分が設計した機械はこのように使われるのか」と機械の目的がより明確になり、「こうすればさらに生産性があがります」と提案できることもあります。困難なことが多い分、お客様に「機械を購入して良かった」と言っていただいた時はもちろん、失敗の中から気付きを得られた時にも、やりがいや仕事のおもしろさを感じます。
お客様のご要望からは、世の中のニーズの変化も伝わってきます。機械の設計においても、多様な知識を学ぶ必要があり、研修へ参加するなどして勉強して「私たちにはこういうことができます」と提案していきたいと考えています。

勉強は入社してからもできる。調べたり考えることを意識しておく

私が入社当時に苦労したのは、社会人としてのルールや礼儀を身につけることでした。先輩から「報告は大事!一つの機械の不具合が他へも影響する」と教わり「報告・連絡・相談」の「報・連・相(ホウレンソウ)」は、常に心掛けています。もう一つ心掛けているのは、お客様の立場になって考えることです。機械を動かすのは人。危険な動きや誤った使い方が、事故に繋がる可能性もあります。実際に操作する人の事を考えて電気設計を行うことが重要です。
仕事の勉強は入社してからもできます。日本スピンドルは外部の研修会への参加も積極的に支援してくれるので、私も勉強を続けています。学生時代は、例えば旅行する時も「どんな行き方でどんな体験をしたいか」調べたり考えることを意識するといいですね。仕事をする際、自分で時間やスケジュールを管理することに役立ちます。就職活動では、自分がやりたいことを掘り下げて考えることが一番大事。「機械が好き」と言っても、現場で作業したいのか、機械を作りたいのか、仕事はさまざまです。やりたいことが明確なら企業研究も進み、自分に合う会社にきっと出会えると思いますよ。

産機モリヤマ事業部 技術部 制御設計

道行 信伍(Shingo.Michiyuki)

日本スピンドルには、自己研鑽・研究・学びを支援する風土があります。
社員のインタビューを通じて、私たちの社風に触れてください。

> インタビューを見る