日本スピンドル製造   English Chinese Korean  
ホーム 製品情報 会社情報 採用情報 お問い合わせ
スピニングマシン・フローフォーミングマシン 混練機・押出機 クーラント液浄化装置 破砕機 ジェットペースタ
精密温湿度エアー供給装置・クリーンルームシステム クーリングタワー(冷却塔) エアフィルタ 集じん装置
集じん装置メンテナンス 排ガス処理装置 気体輸送装置
ホーム > 製品情報 > 排ガス処理装置 > マイクロ波ダイオキシン無害化装置
排ガス処理装置(有害物質除去・無害化) バグフィルタ(排ガス処理装置)
セメントキルン用バグフィルタ
高温バグフィルタ
マイクロ波ダイオキシン無害化装置
マイクロ波ダイオキシン無害化装置(新製品)
はじめに
  平成14年12月からダイオキシン類特別対策措置法で、3ng-TEQ/g以下に規制されている都市ゴミ焼却炉飛灰や産業廃棄物処理施設より排出されるダスト中のダイオキシン類をマイクロ波により分解・無害化する装置を開発した。
共同研究による成果
大阪大学 大学院  柳田教授、和田助教授
有機塩素化合物分解プロセス (特許願 2003-102779)
有機塩素化合物分解プロセス
発表文献:
TRANS.ELECTRON.,VOL.E86-C,No.12 (2003)
第14回廃棄物学会研究発表会講演論文集(2003)
第13回ハロゲン触媒研究会講演予稿集(2003)
「マイクロ波の新しい工業技術」第8講 NTS(2003)
マイクロ波化学の原理・特長
  • マイクロ波加熱は反応物質を直接加熱するのでエネルギー効率が高い。
  • 外部加熱だけでは得られない迅速な化学反応、その他 特異効果が期待されている。
マイクロ波照射場
マイクロ波照射場
マイクロ波増感熱触媒

マイクロ波エネルギーを物質に照射すると、分極した分子は振動や回転をし、発熱するマイクロ波増感熱触媒の存在で分解反応が迅速に活性化される。

マイクロ波増感熱触媒:誘電損失・磁気損失・導電損失が高い活性炭、酸化鉄など。

従来法との比較
(従来の方法) 溶融固化法、加熱脱塩素化法 等
(本方式の利点) ・電力の消費量が小さい
・設置面積が小さい
・建設費が低価である
対象・需要予測
・都市ゴミ焼却炉
・産業廃棄物焼却炉
実証機による実験
実証用設備を作製し、実際の灰を使用して実証試験を行った。
■実証機
■飛灰中ダイオキシン類分解特性
ダイオキシン無害化実証機
 
飛灰中ダイオキシン類分解特性

お問い合わせ
日本スピンドル製造株式会社 環境事業部
東日本: 〒110-0014 東京都台東区北上野1-10-14 (住友不動産上野ビル5号館)
         TEL 03-5246-5612   FAX 03-5246-5607
西日本: 〒661-8510 兵庫県尼崎市潮江4-2-30
         TEL 06-6499-5710   FAX 06-6495-2051

 

日本スピンドル製造株式会社
Copyright(C) Nihon Spindle Manufacturing Co., Ltd. All rights reserved.